QLOOKアクセス解析
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

everyday BEAUTY

様々なメディア情報を参考に、わかりやすく発信!モニターレポも満載♪素敵な美LIFEを…

 

ホルモンを知って肌をコントロール 

女性には生理による肌荒れや体調不良が起こります。

これには2種類の女性ホルモンが影響しているのですが
そのホルモンを知る事でコントロールできるように♪

どうして毎月…と思っている方は参考にc(´ω`*)

a0990_000005.jpg

★黄体ホルモン
「肌の不調をもたらすホルモン」


黄体ホルモン(プロゲステロン)は、生理前に分泌されるホルモン。
皮脂分泌を増やしてニキビやシミを出来やすくするほか、むくみ
イライラの原因になるのも黄体ホルモンだと言われています。

黄体ホルモンが分泌されている生理前は、肌が敏感になっているので
美白やアンチエイジングなどの攻めのスキンケアは控えめに。
UVケアはしっかりした上で、保湿中心のケアにしましょう。

この時期にだけ繰り返しニキビが出来る、という方はしっかりと
洗顔で皮脂を落とせていない可能性も…洗顔の見直しを
(※大人ニキビの場合には原因が様々なので普段通りに)



★卵胞ホルモン
「肌の好調をもたらすホルモン」


卵胞ホルモン(エストロゲン)は、生理後に分泌が高まるホルモン。
肌をみずみずしく潤してくれるほか、コラーゲンを増やす効果も。

卵胞ホルモンが分泌される生理後は、肌も安定しているので新しい
スキンケアに挑戦したり、攻めのケアをするのにうってつけです。

卵胞ホルモンは30代後半から減り始めるので、減少を穏やかに
するために大豆などの女性ホルモン様作用のある食品を摂取するのも
効果的です。納豆一日1パックだけでも充分です。




当たり前のように繰り返されていた生理も、2種類のホルモンによって
肌に大きな影響を与えていたことがわかります(´・ω・)

一生分のホルモンは、わずかスプーン2杯程度だと言われています。

しかしそのわずかなホルモンによって、体は変化しているのですから
しっかりと知識をつけて、ホルモンと上手に付き合いましょう♪






ポチッとして頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ     ブログランキング

Category: 肌質のブレ

tb 0 : cm 4