category: 食事  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

シミに効果的な食品

一年を通して必須の紫外線対策ですが、3月頃から紫外線は早くも強くなってきます。食生活の見直しで徹底したシミ対策をしましょう(`・ω・´)シミに効果的な食品をチェックです♪★シソ(β-カロテン)紫外線による肌老化に効果があるので、夏は多めに摂取を。優れた抗酸化作用を持ち、10時間後に力を発揮するので、夕食時に摂るのが理想的です。※モロヘイヤ、ニンジン、パセリ、バジル、ほうれん草なども★ブロッコリー(ビタミンC)...

  •  4
  •  0

冷え性に効果的な食品

女性の2人に1人が悩んでいるといわれる冷え性。血液の流れを調節する自律神経の働きの鈍りや女性ホルモンの乱れ、新陳代謝の衰えから起こります。冷え性に効果的な食品をチェックしましょう♪★にんじん(鉄分)中国では内蔵を温め、血を補う作用があるとされていて、冷え性を治す食べ物として有名です。鉄分は造血作用で血行を促すので、冷え性にピッタリ。※レバー、鶏肉、あさり、豚肉、納豆、煮干し、干しエビなども★ねぎ(アリ...

  •  4
  •  0

サビない食べ方でアンチエイジング2

昨日に引き続き、サビない食べ方の続編です♪★腹八分目を心がける20歳をピークに基礎代謝量が減り、やせにくい体になります。肥満は成人病などの発症のリスクを上げるもと。30歳を過ぎたら食事の量は腹八分目、40歳を過ぎたら腹七分目に留めるように心がけましょう。食べ過ぎないことがアンチエイジングな食習慣の基本です。★精製された食品を見直してみる白い食べ物は精製の過程で、大事なビタミンやミネラル、繊維を排除し...

  •  2
  •  0

サビない食べ方でアンチエイジング

体を作るのは食!外側からのケアに気を取られて、食を疎かにしてはだめ。お金をかけずに体に優しいサビない食べ方をしましょう♪★歯と同じ比率で食べる人間の歯の構成は、32本のうち肉を噛み切る犬歯は4本、野菜や豆果物を砕く門歯は8本、あとの20本は穀物をすり潰す歯です。この肉:野菜:穀物=1:3:6の比率が生物として正しい食性。肉ばかり食べている人は、一度この比率を意識して。★野菜→タンパク質→炭水化物に消化...

  •  4
  •  0

美肌の為の黄金トライアングル栄養素

美肌の為には、体を作る食事がもちろん重要です。けれど、やみくもに野菜を食べればいいわけでもないですしバランス良く必要な栄養量を摂る事が大切です。今回は美肌の為の3大栄養素のお話です♪★ビタミンA「肌を丈夫にし、潤いを保つ栄養素」肌や粘膜を強く丈夫にするほか、抗酸化作用があります。βカロテンとして植物性食品に存在し、体内でビタミンAと変わります。緑黄色野菜に多く含まれます。摂取量:緑黄色野菜を一日100g以...

  •  0
  •  0

ハロウィンのかぼちゃで美しく

Happy Halloween♪ハロウィンと言えば、やっぱりかぼちゃ。かぼちゃにも美しくなる為の秘密が沢山ですよ♪今日はハロウィンに合わせてかぼちゃの秘密をご紹介。かぼちゃと聞いて思い浮かぶのがβカロチン。このβカロチンは体内でビタミンAに変わります。βカロチンがなんとなく体に良いのはわかっているけど具体的には何がいいのか…βカロチンは、皮膚や粘膜の抵抗力を高めてくれます。よく耳にするのはガン予防や生活習慣病予防に効く...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。