QLOOKアクセス解析
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

everyday BEAUTY

様々なメディア情報を参考に、わかりやすく発信!モニターレポも満載♪素敵な美LIFEを…

 

肌体力3 育み守る力 

美肌にマストな肌体力。

今回は「育み守る力」です(´∀`)

a0027_002710_20130218135849.jpg

新しい肌細胞を生み出しているのは基底層と呼ばれる部分。

表皮の中で一番の働きものです(*゚▽゚*)


この基底層の働きで特に重要なのが、細胞を作る役割。

毛細血管から栄養と酸素が供給されることで、基底層にある
基底細胞が必要に応じて細胞分裂し、新しい表皮細胞が作られます。

つまり、ターンオーバーのスタート地点になっています♪


そして、もうひとつ重要な役割が、真皮を守ること。

表皮はダメージを受けても、正常なターンオーバーが行われていれば
元に戻ることができますが、真皮にまで及んだダメージは完全には
元に戻れなくなってしまうので、守る役割は重要です。

基底層は基底膜と一体になり、強い膜のような状態となることで
真皮を強力に守ってくれています(´∀`)


あまり聞き慣れない基底層ですが、肌を作り、守ってくれています♪





ポチッとして頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ    ブログランキング

Category: お肌の知識

Thread: めざせ 美肌!

Janre: ヘルス・ダイエット

tb 0 : cm 0   

肌体力2 守る力 


美肌にマストな肌体力

今回は「守る力」です。

a1380_000989.jpg

お風呂に入ってお湯が肌内に入っていかないこと、海に入っても
塩漬けにならないこと、それは肌のバリア機能のおかげです。

バリア機能の働きを担っているのは、表皮の一番上にある角層

顔の場合、角層は約20層の細胞が積み重なっています

その隙間をセラミドなどの角質細胞間脂質がぴったりと埋めていて
この細胞同士を密着させる構造によって、水や異物が肌内に入るのを
防いでいます


これがバリア機能です。

バリア機能が弱まると、外的刺激を受け易くなりますので、肌荒れなどの
トラブルの原因
になってしまいます。


また、バリア機能にはもうひとつ重要な働きがあります。

それは、肌内から湧き出る水分を角層に蓄えておくこと

健康な角層は、約20~30%の水分を含んでいます。

主に肌が自ら作り出すセラミドなどの保湿物質によって維持されますが
セラミドを作り出す力が弱まると、角層の水分は蒸発します。


正常なバリア機能を保つためには、肌内部でセラミドなどの保湿物質が
きちんと働いていることが不可欠
なのです。

バリア機能を保つ為に、正しい保湿をしましょう。






ポチッとして頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ    ブログランキング

Category: お肌の知識

Thread: めざせ 美肌!

Janre: ヘルス・ダイエット

tb 0 : cm 1   

肌体力1 生まれ変わる力 


美肌には5つの肌体力がマスト!

1つずつ肌体力についてお話します(*´д`*)

今回は「生まれ変わる力」です。

a1620_000788.jpg

角層以下の表皮が、肌の生産工場だとお話しました。

この部分で、肌を作る細胞が生まれ、次々に入れ替わって
いる
のですが、これをターンオーバーといいます。


表皮の一番したにある基底層で新しく細胞が生まれ、28日くらい
かけて角層へと上がり、最後は垢となり剥がれ落ちます


このサイクルがターンオーバーです。


仮に、表皮が傷ついたり日焼けしたりしたとしても、細胞が絶えず
入れ替わっているので、健やかな状態に戻せるようになっています。


しかし、年齢を重ねるにつれ、ターンオーバーは遅くなります

40代では約40日ほどかかるといわれていて、傷の治りが遅くなったり
シミができやすくなってしまうのはそのためです。


また、病気などでターンオーバーが早まりすぎることで、皮がむけて
しまうこと
もあります。


ターンオーバーは、早くても遅くても美しい肌は作れません

健康な角質細胞を作り出せるように、一定のサイクルを保つことが
美肌に必要な「生まれ変わる力
です。






ポチッとして頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ    ブログランキング

Category: お肌の知識

Thread: めざせ 美肌!

Janre: ヘルス・ダイエット

tb 0 : cm 0   

スキンケアのメインステージ 真皮について 


表皮についてお話しましたが、今回は真皮について♪

a1380_000850.jpg

基底膜をはさんだ表皮の下にある、肌の土台のようなものです。

肌の弾力を保ち、真皮内にある毛細血管が栄養と酸素を肌の
すみずみまで届ける役割
を持っています。


■コラーゲンは主要な成分

丈夫なタンパク質から出来た線維で、水分を除くと真皮の約70%
占める主要成分です。

真皮の中に網目状のネットワークを作り、弾力をキープしています。


■エラスチンはコラーゲンを繋ぐ

ゴムのような弾力のある線維で、コラーゲンのところどころを繋ぐ
ように、支えています。

水分を除くと真皮の約5%を占めています。


■ヒアルロン酸は隙間を埋めるゼリー

コラーゲンやエラスチンで作られた網目状構造の隙間を埋め尽くす
ゼリー状の物質です。

ゼリー状なので、弾力もあり真皮の構造を安定して保ちます。





ポチッとして頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ    ブログランキング

Category: お肌の知識

Thread: めざせ 美肌!

Janre: ヘルス・ダイエット

tb 0 : cm 0   

スキンケアのメインステージ 表皮について 


スキンケアのメインステージとして、皮膚の
表皮と真皮があります。

今回は表皮について詳しく♪

a0782_001035.jpg

皮膚の一番上にある表皮ですが、一言で表皮と言っても
角層角層以下の表皮で構成されています。


■角層は、外敵から守るシャッター役

角質細胞がレンガのように約20層(顔の場合)積み重なっています

水分を約20~30%含んでいて、0.02mmの薄さながら、外的刺激が
体内に入らないよう守ったり、肌内の水分が蒸発しないように
守ったり
と、シャッターのような役割をしています。


■角層以下の表皮は、生産工場

真皮との境目にある基底層で生まれた表皮細胞は、角質細胞になる
為の準備
をしています。

お互いの細胞はしっかりくっつき、角層と共に伸びても破れる事の
ないように丈夫な構造
を作っています。

また、外的刺激から肌を守るための免疫細胞や、紫外線から表皮細胞を
守るためのメラニン色素を作り出すメラノサイト
も含んでいます。

摩擦などの物理的刺激、化学的刺激、光学的刺激を総合的に防御する
とても重要な働きをもつところです。



※角質細胞は、よくレンガに例えられますが、実際にはシート状の
薄い膜が重なって出来ています



次回は真皮について…(*´д`*)





ポチッとして頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ    ブログランキング

Category: お肌の知識

Thread: めざせ 美肌!

Janre: ヘルス・ダイエット

tb 0 : cm 0   

フィブリリンとエラスチンの関係とは? 

今回、モニプラさんで応募させて頂いた商品の中に
なんとも難易度の高そうな参加お題が…

「フィブリリンと
エラスチンの関係について」


ん?なんのことですか?となってしまいますが
こういった難しそうなものに挑戦するのは大好き(笑

一緒に学んでいきましょう^^

真剣に美肌へ挑戦!飲む30日エラスチン集中エステ 50名モニター大募集♪ ←参加中


まずは、多少は聞き慣れた言葉のエラスチン

では、具体的にどこにあるのでしょう。

無題1

以前お話した表皮と真皮の記事からのイラストですが
肌はこのような構造になっています。

表皮と真皮について

この真皮の中にエラスチンが存在しています。

「え?どういうこと?」と思われる方も多いと思うので
イラストにしてみました。

無題21

余計どういうこと?となった方、すみません…(笑

簡単に説明すると、これが真皮内の様子です。

(肌色のものがコラーゲン、ピンク色のものが
エラスチンだと思って見てくださいね)

真皮内は、70%がコラーゲンで、そのほかに
エラスチンヒアルロン酸で構成されています。

エラスチン2%程しかないのだそうです。

ですが、この2%のエラスチンによって、肌の
弾力やハリが決まると言ってもいい程なのです。

繊維状のコラーゲンを、エラスチンがしっかりと
束にすることで弾力やハリが生まれる。

イメージとしては、ゴムのようなものだと思ってください。

髪を束ねる時などに使うゴムは、手で広げて髪をまとめても
伸縮性がありますから自然と髪に合わせて縮みますよね。

エラスチンは、弾性タンパク質と呼ばれるものになり
ゴムのように弾力があるので、しっかりとコラーゲンを
束ねることができる、というわけなのです。

つまり、エラスチンはお肌のハリを保つ為には
必要不可欠な存在なのです。

a1380_000748.jpg


エラスチンの事が少しわかってきたところで
次は、聞きなれないフィブリリンです。

調べてみると…

「弾性繊維を構成する糖たんぱく質」

ん?弾性?繊維?となった方は、記事を
しっかり読んでくれている証拠ですね♪

先ほどお話した、繊維状のコラーゲンを
束ねているのがエラスチン

エラスチンによって、肌の弾力が左右される。


おわかりでしょうか。


つまり、肌の弾力やハリを保つためには

コラーゲンをしっかりと束ねてくれる
エラスチンが必要不可欠

そのエラスチンを作るために
大切なのがフィブリリン



なるほど!と思って頂けた方は実に頭が宜しいです(笑

私自身、頭の中でまとめながら書いているつもりですが
何度かわけがわからなくなりました…(笑

a1380_000469.jpg


結論から言いますと、

「フィブリリンと
エラスチンの関係とは」


どちらも肌の弾力やハリを保つために
欠かす事のできない成分
だ、ということですね。


うーん、美知識も奥が深い…

けれど、こういった難しいお話って意外と
記憶に残っているものですから、
気になった方はご自分でも調べてみては♪


真剣に美肌へ挑戦!飲む30日エラスチン集中エステ 50名モニター大募集♪ ←参加中


凄い頑張ったけど詳しく載ってたよ…(笑
エラスチンのお店  (楽天ショップ)

ポチッとして頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ     ブログランキング


Category: お肌の知識

tb 0 : cm 2   

スキンケアのメイン「表皮」「真皮」 


皮膚は単純な一枚の膜のようなイメージだと思います。

ですが、実際には「表皮」「真皮」「皮下組織」の
3つの層からできています。

スキンケアでメインとなるのが「表皮」「真皮」。

この2つの組織構造を知っていきましょう。

a0002_009099.jpg

表皮」は、皮膚の表面にあります。

外的刺激から体を守ったり、異物混入の情報を神経に
伝えたりするとても大切な働きを担っています。

水分の蒸発を防ぎ、潤いを保つ役割も「表皮」です。

無題1

真皮」は表皮の下にあります。

肌の弾力やハリを保ち、立体的な肌を作ります。

シワやたるみの原因のひとつとして、加齢などによって
真皮の働きが低下し、肌を支えることができなくなる、という事が
挙げられます。

3.gif





Category: お肌の知識

tb 0 : cm 0   

キメの細かさを決めるのは? 


キメが細かい程肌は美しく見える」

具体的にはどのような状態なのでしょうか。

a0003_000784.jpg

答えは…

皮溝が深く細く
はっきりしている

状態です。

無題2

肌の質感が滑らかなのが特徴です。


一方で、皮溝が浅く広く、不揃いになる、
毛穴が大きくなる、などの状態になっていると
肌の質感はザラッとしてしまい、いわゆる
キメが粗い状態となってしまいます。


欧米人に比べて元々キメが細かい日本人ですが
遺伝によっても多少違うそうですよ。

1.gif

↓ランキング協力お願いします
にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村    

 
美容・ビューティー(全般) ブログランキングへ





Category: お肌の知識

tb 0 : cm 0   

お肌のキメって何? 

よく「キメ細かい」「お肌のキメが」などと
耳にすることがあると思います。

実際のところ、キメって何でしょう。

a0002_006938_m.jpg

ツルンとした肌を作るのがキメです。

自分の手の甲を見てみてください。

網目模様のような凸凹がありますよね?

その凸凹は、肌に細かく走っている溝で
溝が皮溝、三角形や四角形の模様部分が
皮丘と呼ばれている部分です。

無題2

この模様がくっきりと規則正しく並んでいて
なおかつ、模様が小さい肌が
キメの整っている肌となるのです。


模様が綺麗に並ぶことで、肌はツルンとして見え
透明感も増して見えます。

更に、光を取り込んで反射してくれるので
キラキラと輝いて見える効果も。


美しい肌を目指すならキメが大事なのです♪


next...キメについてもっと詳しく


↓ランキング協力お願いします

Category: お肌の知識

tb 0 : cm 0